カテゴリ:‘04Xmas in US( 43 )

とうとう帰国(涙)

とうとう帰国の日がやってきました。
約2週間に渡って滞在したミシガンともお別れです。
(2週間の割には長々と続いた旅行記。。。)
到着した時降り積もっていた雪も、今は跡形もありません。
もっと寒いのを想像していたけど、ちょっと拍子抜け?!

次にみんなに会えるのはいつになるかな?
来年は日本に行くよー、とは言っていたけれど、
ボブ、メリー、メイミーは付いて来れないから
次回の渡米までしばしのお別れ。。。

b0021766_22423321.jpg
           おいおい、寝てるな~!帰っちゃうぞーー。

家族として迎えてくれて、ファミリー・トラディションを味わわせてくれた
アメリカの父、姉(と私が呼んでいる)に心より感謝!
アメリカでクリスマスを過ごしたことのなかった私にとって
本当に貴重な体験となりました。
Thank you very much!!


**次回予告**
早速今回のヨーロッパ旅行記をアップして行きます。
どうぞお楽しみに…。
[PR]

by mo0621 | 2005-10-02 22:41 | ‘04Xmas in US

ソウルフード

楽しかった日々もあっという間に過ぎ、明日はとうとう帰国。。。
友人(黒人)がお別れディナーに招待してくれました。

もう年も明けたって言うのに、お家の中も外も未だクリスマス仕様
外には電飾がピカピカ、家の中には特大クリスマスツリー。
b0021766_18493011.jpg


彼女が用意してくれたのは「ソウル・フード」。
本場の「ソウル・フード」が食べてみたくて
彼女が日本滞在中におねだりして作ってもらったことがあります。
今回は私がリクエストするまでもなく、
「ソウル・フードを用意するから来てね!」と声をかけてくれました。

b0021766_1847262.jpg

今回用意してくれたのが、
フライドチキン、
コーンブレッド、
お豆の煮物、
ケールの炒め物、
(青汁に使われてる野菜)
そしてレモネード。

b0021766_18472054.jpg
                   お皿に取り分けたとこ

どれも腕によりをかけて手作りしてくれた品々。
いや~~おいしかったです!!
フライドチキンなんて、そんじょそこらのチキンとは違います~。
きっとスパイスに秘密があるんだろうな。
「え?まだ食べるの?」と周りが驚くほどいただいちゃいました♪

飲み物は、ワイン、カクテルなどたくさん用意してくれていましたが、
食事の時はレモネード。これも立派なソウルフードなのだそうです。
デキャンタにたくさんのレモンを絞り、その後

えっ~??!!

ってくらい大量にお砂糖をドバドバー・・・。
甘くておいしかったけれど、作る工程を見てしまっていると
ちょっとおかわりはためらわれました。。。

アメリカの外食は世に言うようにイマイチ、、、だけど
こうやってひと手間もふた手間もかけた料理は全然違います!
本場のソウル・フードを手作りしてもらえるなんて
なんて私は幸せ者…(涙)。
彼女の手料理、今度はいつ食べられるかなー??


b0021766_1924459.jpg


彼女のキッチンにあったアンティークなオーブン。新品のオーブンレンジも持っているのでこれはオブジェかと思ったら、まだまだ現役で使っているそうです。
[PR]

by mo0621 | 2005-10-01 21:30 | ‘04Xmas in US

アンジェリーナ・ジョリーとコリン・ファレル

しつこいようですが、もう一本アメリカでのTVネタ。
何故かやたらとTVを撮った写真があるもので…。

アンジェリーナ・ジョリーと、コリン・ファレルが
映画「アレキサンダー」の宣伝のため
TVのトーク番組に出ていました。

b0021766_195679.jpg

ハリウッド俳優のトークなんて、日本ではなかなか見るチャンスがないので
映画の中とはまた違う表情のふたりに結構釘付け。
コリン・ファレルも、普段からもっとカッコ付けてるのかと思ってたけど
おちゃらけて、気さくな雰囲気でした。
アンジェリーナ・ジョリーはやっぱりキレイで色っぽ~い!

結局「アレキサンダー」は見てないんですけどね。。。
[PR]

by mo0621 | 2005-09-27 19:56 | ‘04Xmas in US

トリビアの泉 in US

この日もぼけーっとテレビを見ていたら、どっかで見たことある番組が・・・

「トリビアの泉」!!
b0021766_15201100.jpg

これは日本の番組が、そのままま音声吹き替えで放映されていました。
字幕のところも日本語はそのまま、英語のアナウンスが入っていました。

b0021766_15202494.jpg
タモリたちのコメントもはしょって英語の吹き替えになってましたが、
日本語音声も小さく聞こえるので私は一生懸命そっちを聞いてました。

b0021766_15214333.jpg
               こういうのを「使えるムダ知識」と
               アメリカ人は理解できるのでしょうか・・・??

内容も日本だけのネタではなく、動物ネタなど
国籍問わず楽しめるものでしたが、
やっぱりインターナショナルなネタを選んでいるのかな?
[PR]

by mo0621 | 2005-09-23 15:14 | ‘04Xmas in US

カウチポテト(死語)で「料理の鉄人」

現在連載中のアメリカ旅行記があと少しで終わる予定なので
先にそちらをアップします。
今回のヨーロッパ旅行記はもう少々お待ちくださいね~!
スイマセン、相変わらず行き当たりばったりで。。。

さて、テレビを実ながら2005年を迎えた、、、というところで終わってましたが、
日本ではあんまりテレビを見ない私も、
ここアメリカではかなりテレビっ子になっていました。

というのも家主が夜型で、パーティやお出かけはほとんど夜。
で、昼ごろ起きだして夕方までゴロゴロ、夜になると活動開始、というのがパターン。
外は雪だし、車がないとどこにも行けない場所なので
おとなしく私もテレビの前でゴロゴロ・・・カウチポテト(私語)してました。

ちょうどスマトラ島沖の地震があった直後だったので
見ていたのはニュース番組ばかりでしたが
アメリカのケーブルは100チャンネルくらいあるので
トーク番組や、ドラマ、お料理番組など暇にまかせて見てました。

そこで見かけたのが、、、

「料理の鉄人」

「料理の鉄人」が「Iron Chef」の名前で
アメリカで放映されているのは知っていましたが、
私が今回みたのは、正真正銘アメリカバージョン。

番組の冒頭で鹿賀丈史もどきの人が
「我々は新たな戦いのために、さらに充実させたキッチンスタジアムを
ここアメリカに作った・・・」みたいなことを説明したあと、シェフたちが登場。

アメリカバージョンではシェフが二人づつペアを組み戦うようです。
登場したのは・・・

フレンチの坂井宏行さん!
b0021766_2245125.jpg
             ブレブレなのでお分かりになるでしょうか・・・??

最近見ないなあー、、、と思っていたらアメリカにいらっしゃったんですねえ。
(ってこの番組のために渡米されたのだろうけど)
アメリカ人の料理人と組んでの登場です。
心なしかお年を取られたような。。。

挑戦者は在米10何年?とかの日本人の和食料理人。
こちらもアメリカ人と組んでの挑戦です。

b0021766_22475270.jpg


シーフードを使っての料理対決で、
手際も、出来上がった料理の美しさ、
なども絶対坂井チームに分があると
思っていたのですが、
結果は挑戦者の勝利
なんだか納得が行きません!

が、一緒に見ていたアメリカ人は挑戦者が勝つと思っていた、とのこと。
手際が悪いながらもアドリブを入れつつ料理を作る姿や、
料理の盛り付け(私には「ダイナミック」としか形容できなかった・・・)も
はやりアメリカ人の共感を得るものなのでしょう。
これは「料理の鉄人」ではなく、アメリカの番組「Iron Chef」として
見た方が良いようです。
b0021766_22484990.jpg

[PR]

by mo0621 | 2005-09-21 22:52 | ‘04Xmas in US

テレビをみながら年越し

年越しそばを食べ終わると、もうすぐ12時!
テレビでNYタイムズスクエアの年越し風景が
ライブ中継されるのでそれを見ることに。

b0021766_20594027.jpg
     あの有名なクリスタルボールがカウントダウンと共に落ちてくる瞬間です。
         (テレビですけど・・・)

b0021766_20595953.jpg
2005年が始まりました!
今年も旅するぞー!と心に誓った2005年の幕開けでした。
(って誓ってからもう9ヶ月経っちゃったんですね。。。)
[PR]

by mo0621 | 2005-09-08 21:02 | ‘04Xmas in US

年越しそば in US

食事の後の道すがら、「年越しそば」という日本の習慣を知っている彼らは
「食べたい!作って!」と言い出しました。
え?!今夕飯食べたばっかりじゃないすか。。。

でもせっかく日本の習慣を体験してみたいと言う
彼らのリクエストに応えてそばをゆでることに。
日本食ファンの居候宅にはそばはたくさんあるのですが
めんつゆがありません。
最近切らしてしまい、そばが食べれない、のだということ。
私は日本からダシの素を持ってきていたので、
それと醤油でめんつゆを作りました。
b0021766_2165143.jpg
              みんなでテーブルを囲んで年越しそば。
              異国の地でこんな年越しを迎えるとは…。

みんなおいしい、おいしいと言って食べてくれうれしい限り♪
これで新しい年を迎える準備ができました。
[PR]

by mo0621 | 2005-09-07 21:05 | ‘04Xmas in US

大晦日・家族でディナー

久しぶりのアメリカ旅行記です。
2004年の大晦日を迎えたところから再開です。

大晦日、居候宅の息子、娘、その彼氏彼女など
家族が一同に集まって食事をすることになりました。
場所は皆で良く行く、というイタリアンレストラン。

お店に行く途中の車の中からキレイな夕陽を見ました。
2004年最後の夕陽です。

b0021766_2136390.jpg
この1年もすったもんだいろんなことがあったなー、、、
なあんて感慨深く思いに耽っているうちにお店に着きました。


大晦日だからか??お店は相当大混雑。
予約は入れてあったのですが、結構待たされました。
通されたのは中華料理屋のようなでっかい円卓。
ここで家族が勢ぞろいです。
b0021766_21363971.jpg

どこのレストランに行ってもそうですが
メニューを読んでいても入っている材料が羅列してあるだけで
ちっともイメージが沸いてこない。。。しばらく悩んだあげく、
私の好物、ナスが入ったスパゲティを発見したのでそれを頼んでみました。
出てきたのは…

b0021766_2137119.jpg
一瞬ハンバーグかカツレツが乗ってるのかと思いました。一体ナスはどこに??と、このデカい物体にナイフを入れてみると、これはナスのフライでした!アメリカのナスは米ナスですもんね~。デカイはずだ。。。見てくれはあまり良くありませんが、味はなかなか!

彼らも「アメリカのイタ飯はマズイ」と言われているのを知っているので
そのイメージを払拭したかったよう。
「アメリカのイタ飯もなかなかでしょ?」と皆誇らしげでした~(笑)。
[PR]

by mo0621 | 2005-09-05 22:21 | ‘04Xmas in US

お掃除の日

私の居候宅は共働きで忙しいということで
2週間に1度お掃除の人を雇っています。
日本でお掃除の人を頼む、なんてかなりのお金持ちっぽいですが、
共働きの多いアメリカでは普通のことのようです。

大晦日の朝、目が覚めて階下に降りて行くと
知らない女性が掃除道具を抱えて玄関から入ってくるところでした。
今日がお掃除の日とは知らなかったのでビックリ~~!
留守でも寝てる間でもお掃除してもらえるように合鍵を渡してあるのです。

彼女は私のことを聞いていたらしく、
「あなたが日本から来た子ね!」と笑顔で自己紹介。
大晦日だから大掃除なのか?と一瞬思いましたが、
こちらでは年末に大掃除、という習慣はないはず。
どうやら通常のルーティンのよう。大晦日でも働くのですねー。

私たちが話していると家主が起きて降りてきました。
「私たちは掃除の邪魔だから朝ごはんでも食べに行こ」と、
そのまま外に出されそうになり、かろうじて着替えは出来ましたが、
顔も洗う暇なく外へ。 当然すっぴん!
ここは異国で知ってる人もいないからいっか~。

朝ごはんを食べに向かったのが、
行列が出来るほど人気、というのオムレツ屋さん。
大晦日の朝から確かにたくさん人がお店の前に群がっています。
行列ではなく、まさに群がってる、といった様子。
入り口で名前を書いたらあとはみんな適当に散らばっています。

しかし回転は速く、しばし待つと名前が呼ばれてテーブルに通されます。
確かにいろんな種類のオムレツがメニューに並んでいますが
良く分からないので「ベジタリアン・オムレツ」をオーダー。

出て来たオムレツの大きいこと。さすがアメリカンサイズです。
ポテト、ピーマン、たまねぎなどがぎっしり詰まった
中身もボリュームたっぷり!
b0021766_22171867.jpg
             左側の白い物体はジャガイモのスライスです


味の程は、正直普通のオムレツ。。。
アメリカのレストランにしては薄味で、
辛党の私なんてチリソースをたっぷりかけてしまったくらい。
意外にこんなシンプルな味って、アメリカではありそうでないのかも。
だから行列が出来るお店になるんですかね~??

しかし朝からこのボリュームをぺろりと平らげてしまった私に
周囲もかなりびっくりです。
アメリカに住んだら相当太るだろうね~、とからかわれました。。。
[PR]

by mo0621 | 2005-08-15 22:18 | ‘04Xmas in US

プラス20度!

ここに到着したときはマイナス10度以下だった気温も、
クリスマス後からなぜかぐんぐん上昇。
大晦日を迎える頃には10度近くにもなり、
東京都変わらないほどに。
雪に覆われていた家の周りも、どんどん雪が溶け始めました。

b0021766_11272516.jpg
          ただの雪の山だと思っていた場所から木が顔をだしました。


b0021766_11282436.jpg




雪帽子をかぶっていた木々たちも、
帽子が軽くなりうれしそう。
程よく残った雪が光をキラキラ反射して
とーってもキレイ。



凍っていた湖もあっという間に溶けてしまいご覧の状態。
つい数日前までこの湖の上でスノーモービルをしていたなんて信じられません!
b0021766_1133421.jpg
b0021766_11332015.jpg


真っ白だった庭も、あっという間に雪が溶けてしまいました。
b0021766_113618100.jpg
b0021766_11363513.jpg


1週間前に来た時は、湖は凍り、全ては雪に埋もれていたのに。。。
(ちなみに1週間前はこーんなだったんですよお!)

外に出ていると息をするのも辛いくらい寒かったのに、
たった数日で20度も気温があがり
コートがいらないくらいになるなんて…。
おそるべし、ミシガン。
[PR]

by mo0621 | 2005-08-14 11:27 | ‘04Xmas in US