タグ:和歌山 ( 30 ) タグの人気記事

熊野古道でのごちそう

途中立ち寄った木工所です。

b0021766_22402488.jpg





ここは首都圏の某有名居酒屋チェーン店の内装を手がけているのだとか。

インテリアだけでなく、小物類も製作・販売されていました。
一同それぞれ、お箸や楊枝、まな板などお土産に購入。
やっぱり手作りはあったかみがあるなあ~。


例年の熊野古道散策に比べ、この年は結構山登りがありました。
運動不足の腹ペコ軍団、ヒーヒー言いながらも
山中を進んでいくと・・・

b0021766_22445025.jpg

何やら測量らしき作業をしている方々が。
ここから遺跡が発掘されたそうで、その調査中なんだとか。
さすが歴史深い場所だ~。


そして山を上り詰めると・・・
b0021766_22491147.jpg
               最高の景色が待っていました~!

一同疲れを忘れて景色に見とれています。
・・・と言うか、疲れて動けなかったのかな???


景色以外にも腹ペコ軍団を待っていたもの。
b0021766_22505693.jpg
                    お昼ごはん♪

竹の皮に包まれたおむすびが、この上ないごちそうです011.gif
結構ボリュームがありましたが、全員ペロリと平らげました。
いやー、今思い出してもこのおむすびは美味しかったな~。
[PR]

by mo0621 | 2009-02-14 22:55 | 旅行記~国内編

熊野古道・胎内くぐり

2日目は、こちらも恒例の熊野古道散策。
この時も例年通り、ご夫婦で語り部をされている
小松さんにガイドをお願いしました。

b0021766_222093.jpg
         この年は奥様の裕美子さんが一緒に歩いてくださいました


この時のハイライトは何と言っても「胎内くぐり」。
この岩をくぐると生まれ変われる、とかで
一同ガゼンやる気を出します。
皆生まれ変わりたかったようです(笑)
(後から調べたら、女性は安産に恵まれる、ってことだったのですが。。。)

b0021766_22244552.jpg



暗い岩の中を進んで行きます・・・



b0021766_22245555.jpg






上を見上げると一筋の光が。
ここを登っていけば新しい人生が!


探検隊気分でよじ登りますが、
これが結構狭くてタイヘン!
閉所恐怖症に高所恐怖症の私はかなり怖かった。。。

b0021766_22252268.jpg
               岩の上から手を伸ばして救助中

一同次々と必死の形相で岩をよじ登り、
無事全員生まれ変わることができました(?)
[PR]

by mo0621 | 2009-02-13 23:55 | 旅行記~国内編

和歌山の美味しいモノ

みかん山の後は、直売所「きてら」でお買い物。
ここは前年も訪れてますが、新鮮な野菜に果物、漬物、
手作りお菓子などなど、和歌山の美味しいモノが、
お買い得価格で並んでます。
腹ペコ軍団、皆夢中になってお買い物。

その後はとなりにある喫茶店でホッと一息。
前の年はここのテラスで川のせせらぎを聞きながらお茶したっけな。

b0021766_223655.jpg



このお店、コーヒーにこだわりがあるようで、アフリカのどこかから(忘れた・・・)わざわざ豆を輸入してるのだとか。とーっても美味しくておかわりしちゃいました。


のどかな景色、ゆっくり流れる時間の中で
美味しいコーヒーと、楽しいおしゃべりを楽しむ。
すっ飛ばされるような毎日を送っている中では、
これこそ贅沢な一時です。


そして今宵のメインディッシュ!

b0021766_2265797.jpg
              新鮮この上ない、とろけるお寿司さまー016.gif

みかん狩りツアー初年度に連れて来てもらったお寿司屋さんですが、
ここの美味しさが腹ペコ軍団、皆忘れられず、念願の再来です!
いやー、今思い出しても美味しかったなあ。。。


美味しいお寿司に満足した後は、
イベント開催中、という白良浜海岸へ。

b0021766_2215557.jpg




b0021766_22151759.jpg






夜の浜辺にずらーっとイルミネーションが!
波の音に、幻想的な光がロマンチック。。。



・・・のハズが、きゃーきゃー騒ぐ腹ペコ軍団のおかげで
ムードぶち壊し、完全に周りのカップルの邪魔してましたね・・・。
[PR]

by mo0621 | 2009-02-05 22:21 | 旅行記~国内編

和歌山みかん山

またまた更新怠ってしまいました。。。
ここにまだ載せてない旅がどんどん溜まって来てしまい、
どこから始めようか迷っていたのですが、
去年の旅をざっとまとめて行くことにしました。
(それ以前の旅は記憶ももう曖昧なので載せるのはあきらめ・・・)


***************************
まずは去年1発目、
恒例・腹ペコ軍団和歌山みかん狩りの旅、から。
ちょうど1年前になります。

快晴の青空の下、美しい色のみかんちゃん達が
この年も迎えてくれました。
b0021766_20441592.jpg





もうすぐ腹ペコ軍団に狩られちゃうんだけどね。。。


さっそくみかん狩り開始~017.gif
b0021766_20471540.jpg
               カゴを背負ってもくもくと狩り取る腹ペコ軍団

b0021766_20491991.jpg






今年もたっぷり狩り取らせて頂きました011.gif



そのほか、色んな種類のみかんを見学・試食させてもらいましたが、
この年の目玉は、何と言ってもコレ!
b0021766_2057220.jpg
                      仏手柑!

果実本体は何度か見たことがありましたが、
今回木になってるのを初めて見ることが出来ました!
b0021766_20584546.jpg
             木から黄色い軍手がぶる下がってるみたい。。。(笑)

単体で見ると、珍しい、高級な果実なんだな~と思いますが、
たくさん木にぶる下がってる姿はちょっとグロいかも・・・。
とにかく貴重なものを見せていただきました。


b0021766_2125298.jpg             






散々みかん山を荒らした後は撤収~!
また来年~029.gif
[PR]

by mo0621 | 2009-02-04 21:06 | 旅行記~国内編

福定大銀杏

最後の目的地、福定大銀杏(ふくさだのおおいちょう)へ向かいます。
その途中の道でも、語り部・小松さんは
目に入る色々なもの、風景を丁寧に説明してくださいます。

たとえば、眼下に広がる山々を指し、
あの山は何かに見えませんか?とクイズ。

b0021766_2232880.jpg

女性が眠っている姿に見える、ということから
乙女の寝姿」と名前が付いている山なんだとか。

森の中を歩けば木々の間を指して、
「ここはお茶屋の跡。この辺りが入り口で、ここが厠で・・・」
と当時の人の生活様式から、部屋の間取りまで説明してくれました。

こんなふうに熊野古道にとどまらない日本の歴史や、言い伝え、
文化・風習、宗教観などなど・・・
たくさんの楽しい、興味深いお話を伺いながら、
熊野古道散策を楽しむことができました。

個人で散策しても自然や歴史を楽しめると思いますが、
「語り部」さんがいると熊野散策が10倍楽しくなります。
ホント、オススメです!

さて、そんなこんなで辿り着いたのが、宝泉寺
ここにあるのが、高さ60メートル、推定樹齢400年!
とも言われている「福定大銀杏」。

b0021766_2292544.jpg
            この枝分かれのすごい事!!迫力満点です。

b0021766_2294087.jpg






あまりにも大きく立派な枝に、他の植物がパラサイトしちゃってます。。。



秋になると木全体が黄色に染まり、それは見事!なんだとか。
うーん、今度は秋にも来ないとなあ~。。。

b0021766_22112349.jpg
     
また来年も来ることを誓って、
メデューサの髪の毛のような大銀杏の前でパチリ。
小松さん、本当に色々とありがとうございました!
来年も是非お願いしま~す。



**次回予告**
これで和歌山旅行記は終わりです。
次回より、こちらも今年の2月に行った
長崎&熊本旅行記を始めたいと思います。
[PR]

by mo0621 | 2007-04-23 22:17 | 旅行記~国内編

とがの木茶屋

王子社を抜けると、萱葺き屋根の茶屋が現れました。
ここのおかみさんは有名なんだよ~」と語り部・小松さん。
b0021766_21175738.jpg



b0021766_21184352.jpg


とがの木茶屋」のおかみさん、おこまさんは上品に着物を着こなし、真っ赤な口紅を引いた、「粋」という言葉がぴったりな素敵な女性でした。こんな風にいくつになってもオシャレを忘れない女性でありたいな~、と思わせるお方でした。
テレビにも出たことがあるし、有名人にもお知り合いがいるとか!?


b0021766_21232567.jpg

ここはお茶がいただけるだけではなく、
旅籠として泊まることも出来るそう。
うーん、こんなところで雑魚寝するのも良いな~。

ちょうどこの日は節分の翌日だったのですが・・・

節分の風習??
[PR]

by mo0621 | 2007-04-17 21:43 | 旅行記~国内編

さらに熊野古道を進みます

ちょっと間が空きましたが、熊野古道の続きです。

牛馬童子を拝んだあとは、野中に向かいます。
熊野古道は森の中だけではありません。
アスファルトの道や、普通の民家の間もぬって進んで行きます。

b0021766_21531192.jpg







b0021766_21541123.jpg



良く見ないと普通の民家と間違えそうですが、現役の旅籠です。→→
次回はこんな昔ながらのお宿にも泊まってみたいな~。



b0021766_0121368.jpg
           王子杜の中でもっとも早く現れた、という近露王子碑。


b0021766_013473.jpg


「太平記」にも出てくるという(読んでない・・・^^;)野長瀬一族のお墓。たくさんの五輪の塔が並んでいます。


またもや手抜きですが・・・
b0021766_0134048.jpg


こういった説明書が出てくるたびに、
ほほ~~、と読みふける腹ペコ軍団。
無知を恥じながらも歴史の深さ、面白さを
堪能できる熊野古道です。。。
[PR]

by mo0621 | 2007-04-12 21:58 | 旅行記~国内編

今年も歩きました・熊野古道

みかんに新鮮なお魚にうつぼ。。。
あ~、和歌山はおいしい!満足満足~、


・・・ではありません!

b0021766_2121298.jpg
           和歌山と言えば、世界遺産「熊野古道」!

b0021766_21214658.jpg





去年に引き続き、1年ぶりに熊野古道を歩きました。今年もガイドをお願いしたのは、語り部・小松さん。今年も快く引き受けてくださり、あわただしい私たちのためにショートバージョンの散策スケジュールを立ててくださいました。


去年は中辺路発心門王子(ほっしんもんおうじ)から
熊野神社まで歩きましたが、今年も中辺路を
滝尻から野中の一方杉、というところを歩くコース。
準備運動をしっかりして、山歩きに備えます。

まず向かったのは、中辺路のシンボルにもなっている
箸折峠近くにある牛馬童子(ぎゅうばどうじ)。
b0021766_21231736.jpg



b0021766_2126469.jpg






良く熊野古道のパンフレットやポスターに移っている像ですが、さぞかし大きいと思いきや、実際見てみると、高さ30cm程度。ちっちゃ~!


箸折峠の名の由来
[PR]

by mo0621 | 2007-04-04 21:34 | 旅行記~国内編

紀州のごちそう

みかんで盛り上がり、美味しいコーヒーでくつろぎ
美しい夕日を見て癒され・・・、しかしまだまだ終わりません!
そしてお楽しみのディナータイム!

現地友人には毎年、現地の美味しいものを紹介していただき
楽しませていただいてますが、今年も味にウルサイ
腹ペコ軍団を黙らせるプランを用意してくれていました!

b0021766_2241397.jpg
               どど~~っ、と活き造り!

まずは地元の漁港で採れた新鮮なお刺身。
身の引き締まった、しっかりとした歯ごたえ、
なのに口に入るととろけてしまいます。
うーこの美味しさ、たまりませんっ!!


そして今宵のメインディッシュは・・・

b0021766_2251924.jpg
         紀州の(隠れた?)名産、うつぼのしゃぶしゃぶです!


おお~、フグ!?と見まごうような美しさ。
白身でぷりぷりっとした食感が美味!
女性にうれしいコラーゲンもたっぷりなんだとか~。
これは良いものを食べさせていただきました♪

うつぼって一体どんな容姿の魚なんだ?
と疑問に思っていたら、お店の大将が
さばく前のうつぼを見せてくれました。

うつぼの実態とは・・・
[PR]

by mo0621 | 2007-03-28 22:27 | 旅行記~国内編

直売所でお買い物

みかんを堪能したあとは、秋津野直売所「きてら」へ。
丸太小屋のあったかい雰囲気が漂うお店です。

ここでは地元の人が作った野菜やお花、
お漬物、梅干、味噌、お菓子、アクセサリー、などなどが
え~??と思うような格安価格で販売されています。
こんなお店が近所にあったら良いのにな~~~・・・
としみじみ思いつつ、しばし各自お買い物に没頭。

となりにはロッヂ風の素敵なカフェが併設されており、
直売所で買ったケーキなど、コーヒーと一緒にいただけます。
お店の奥はデッキになっていて、オープンカフェとなっています。
目の前は山、下には川が流れていて、自然のど真ん中にいるんだ~
と実感できる何とも言えない素敵なカフェです!

b0021766_20425217.jpg

時間が止まったような不思議な空間で、
ついついまったり落ち着いてしまいます。。。


b0021766_20474663.jpg


コーヒーはウガンダから輸入したというこだわりのもの。こちらの自然から湧き出るお水を使って淹れたコーヒーは格別~!カップも素敵です。
コーヒー豆を買って行こう、と思いつつ
おしゃべりに夢中になって忘れちゃったんだよな~。。。

一日の終わりに・・・
[PR]

by mo0621 | 2007-03-21 20:54 | 旅行記~国内編