家族の絆

現地友人にマレーシアのジョホールバルに連れて行ってもらいました。
マレー半島の突端にあるシンガポール。
マレーシアまでは橋続きでつながっており、
川を渡ればそこはもうマレーシア。
そこがジョホールバルです。

国境の河沿いに、現地友人の弟のお嫁さんのお母さんが住んでいるので
行く道すがら寄っていくことになりました。

中国系の民族だな~、と思うのがこの家族の絆の強さです。
日本じゃここまで遠い親類が、ふらっと立ち寄るれるほど近い存在
ってことはなかなかないですよね。

友人の弟のお嫁さんのお母さんは、まさに
「熱烈歓迎!!」と言った様子で迎えてくれました。
しかし彼女は中国系ではなく、インド系。
インドの家族もこんな風に家族の繋がりが強いのか、
はたまた移民だからこそ繋がりが強くなって行くのか。。。
核家族国家・日本では忘れ去られた「家族の絆」
というものを見せてもらいました。

早速インドのおいしいチャイを入れてくれ、
インドのお菓子を用意してくれた彼女。
b0021766_22073.jpg
           手前のお菓子は見た目も味もベビースターでした。。。



b0021766_2204469.jpg


団地の12F にある彼女の部屋からは、国境の河、そして向こう岸にあるジョホールバルが良く見渡せます。

初めて会った私達でも、「ここからの眺めが良いのよ!」と
寝室に招き入れてくれる、本当に気さくなおばさんでした。

「またいらっしゃい!今度は手作りのお菓子を出すからね!」と
満面の笑顔で送り出してくれた彼女を後にして、
国境の橋に向かったのでした。
[PR]

by mo0621 | 2006-01-23 22:08 | ‘06新年~Singapore旅行記