<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

国立新美術館

b0021766_00572.jpg

お花見の後は、六本木の国立新美術館へ。
ずーっと行きたいと思いつつ、まだ行ったことがなかったのですが
黒川紀章さんデザインの斬新な建物は、
間近で見ると本当に迫力がありました。。。

ちなみに、現在はモディリアーニ展やってました。
[PR]

by mo0621 | 2008-03-31 00:00 | 日々の出来事

桜満開!

b0021766_23531130.jpg


目黒川沿いをお花見してきました。
川に向かって枝垂れる桜の見事なこと!

あいにくのお天気でしたが、
素晴らしい満開の桜を楽しむ事ができました♪
[PR]

by mo0621 | 2008-03-30 23:53 | 日々の出来事

キルピスヤルヴィに到着!

バスは田舎道をひたすらかっ飛ばします。
かーなりのスピードで、一般車をどんどん抜き去ります。

この旅で何回かバスに乗車しましたが、
どのバスも時刻表どおり、オンタイムで運行されていました。
海外の交通機関のスケジュールはアテにならない・・・
という通説はここに限っては当てはまりませんでしたねえ。

まあ、渋滞のない田舎道をひたすら走るのだから
遅れようがないのですが、かなり飛ばしてオンタイム、
ということは、普通に一般車と同じ速度で走っていたら遅れるのか??
バスは速度制限がないのか・・・(まさか?!)

なにはともあれ、約6時間かかって
フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、3国の国境に接する村、
キルピスヤルヴィに到着しました!
(この村自体はフィンランドです)

2匹のカワイイ熊さんが出迎えてくれました。
b0021766_22404632.jpg



お魚を抱えた熊さんと・・・


b0021766_2241534.jpg









          「シェー」ポーズの熊さんが~!


どちらも木彫りで、北海道を彷彿させる雰囲気。。。


さて、この村には3泊しました。
お宿はLapland Hotels Kilpis

b0021766_22505082.jpg



トリプルルーム、朝食つきで120ユーロ。一人あたり40ユーロ、この旅で一番豪華な宿です(笑)
部屋は清潔、ホテルスタッフもフレンドリーで親切、
朝ごはんのビュッフェも美味しかったし、
安宿愛好者にとっては贅沢すぎるほど申し分ない宿でした!
[PR]

by mo0621 | 2008-03-27 22:52 | ‘07北欧・ラップランド旅行記

北極圏に突入~!

12時間以上かかって、やっとこロヴァニエミという町に到着。
ここから先は北極圏です!
ここからバスに乗り換え、この旅の目的地(のひとつ)、
キルピスヤルヴィに向かいます。
b0021766_2255388.jpg
              駅のすぐそばにあるバスターミナル

Glueckさんとtootickyさんに、「山をイメージした建物だね」
と言われるまで気付かなかったけど(^^;、
なかなか凝ったデザイン。うーん、さすが北欧?!


b0021766_2258661.jpg


私達をさらに北へと運んでくれるバス。
ここから色々な方面へ向かうバスが発着しています。間違えないように乗らなくっちゃ~。


バス出発まで時間があるので、待合所でひと休み。
つい色々なものに目が行ってしまいます。

b0021766_2334150.jpg

ターミナル内のドアは半自動ドア。
天井からぶら下がっている緑の紐を引くと開く仕組み。
何だか原始的な造りがミョウに気になり、思わずパチリ。
非常ドアの看板も、日本のと比べるとなんか愛嬌があってカワイイ~。
しかし、一つの扉に三つのサインは多すぎる気が。。。


旅の途中、色んなところで見かけて
ずーっと気になっていたのですが・・・
b0021766_2342548.jpg



日本のゲームセンターにあるようなコインゲームを、スーパーの端っこなどで良く見かけたのですが、その周りは必ず線で囲まれているのです。「K-15」と書いてあるところから、どうやら15歳以下は遊んじゃダメ、というサインみたいですねえ。
うーん、これって効き目、あるんでしょうか・・・??


さて、時間になっていよいよ出発!
b0021766_2382011.jpg
         まっすぐな田舎道を、バスはひたすら北上して行きます。
[PR]

by mo0621 | 2008-03-24 23:09 | ‘07北欧・ラップランド旅行記

再会月間

気が付けば今月は再会月間でした。

1週目は大阪の友人が上京し、再会。
2週目は去年北欧に一緒に行ったtootickyさんと再会。
3週目の昨日はドイツで知り合ったnyfさん&Aさんと再会。
(tootickyさん、お土産ありがとね。
nyfさん、ドイツコスメ、ありがとうございました。
Aさん、お茶にランチ、ご馳走様でした。)

こういうことって続くんですね~。
面白い!

私の放浪の旅がご縁で知り合った友人達。
一度だけのすれ違いじゃなくて、
折に触れてこうやって再会することが出来るのは
本当に嬉しいし、意味のある旅をして来たんだなあ、と
しみじみ~。。。

また世界のどこかで(もちろん日本でも)
再会を果たしましょう!
[PR]

by mo0621 | 2008-03-23 22:35 | 日々の出来事

荷物について

ロヴァニエミに向かう夜行列車の中で撮った3人のバックパック。
b0021766_2393712.jpg

写真でみると同じ様な大きさに見えますが、
一番左が私のもので、38リットル。
旅の達人2人のバックパックは、60リットル以上あります!

ここでちょっと荷物の話を・・・

今回の旅は約2週間の長丁場、かつ、ほぼ1~3日おきに移動、
というハードスケジュール!
とにかく私のバックパックは小型なので、
いつも以上に荷物を切り詰めました。

とはいえ、メインのキルピスヤルヴィでは
ハイキングの予定があるし、
ヨーロッパ最北端のノールカップでは
夏と言えど防寒着が必要になります。

山用のズボン、雨用のレインウエア、
コンパクトにたためるダウンジャケットをまず詰めて・・・。
毎日洗濯をする覚悟で、下着・着替えは3日分、
しかも軽くて洗濯が便利な速乾シリーズを。
洗面用具も必要最小限に切り詰めて、
最終的に生活必需品をバックパック、
寝袋(もどき)を小型キャリーバッグに納めて出発。

旅する度、荷物を少なく出来るようになったとは思いますが、
ここまでまとめたのは初めだな~。
旅の中で特に不便はありませんでした。
ということは、これだけ少なくても旅は出来るのだ。。。

うーん、次回の旅への反省点ですな~。
[PR]

by mo0621 | 2008-03-19 23:34 | ‘07北欧・ラップランド旅行記

春の遠足in沼津

先週日曜快晴の下、沼津まで春の遠足に行ってきました。

沼津と言えば、沼津港!
約1年前、沼津アルプスを登りに行き、
その時もここで海の幸を堪能しましたねえ~。

今日もまずはここで海の幸ランチ♪

b0021766_2135243.jpg





採れたてピチピチお刺身と・・・

b0021766_2141651.jpg






        沼津港名物、桜海老の掻揚げ~


お味のほどは・・・言うまでもありませんね(笑)
大変おいしゅうございました。


b0021766_211793.jpg




海の幸を堪能したあとは、腹ごなしにビーチをお散歩。


日差しも強くなってて、確実に夏に向かってるんだな~、
としみじみ。(夏がニガテなので、ちょっと悲しくもあったり・・・)

さてさて、この春の遠足、本当の目的は
海の幸でも、ビーチの散歩でもなかったり。

本当の目的とは・・・
[PR]

by mo0621 | 2008-03-18 21:38 | ビール♪

白夜の中を北上すると・・・

列車は一路北を目指します。
夏至を過ぎたこの時期、白夜と言えどヘルシンキ周辺では
発車してしばらく経てば、空の色はこんなカンジ↓
b0021766_152518100.jpg


が、北欧は北へのぼるほど白夜の度合いが強くなるので
北へ向かうこの列車では、夜も更ければ更けるほど
空が明るくなってくる、という不思議な現象が見られます。
b0021766_15284451.jpg


窓から見えるのは草原ばかり。
そこに居る牛たちも、牛舎に入らずその場で
普通に寝ています。。。


さて、車内には食堂車も付いています。
b0021766_15423936.jpg



置いてあるものは、コーヒーにサンドイッチやマフィンの類なので、食堂車、と言うよりはカフェかな??


普段から電車で座るとすーぐに眠ってしまうほど
電車の揺れにめっぽうヨワい私。
寝台列車で眠るのは、実は自分のベッドで眠るより
快適なんじゃないか?!というくらい熟睡できてしまいます。

今回、お隣の部屋にはお酒くさーい&ウルサイ酔っ払いオジサングループが。
ちょっと怖かったし、こんなんじゃ眠れないよ~、
なんて言いつつも、あっさり就寝、すっきりお目覚め♪
だっだのでした・・・。
[PR]

by mo0621 | 2008-03-15 15:51 | ‘07北欧・ラップランド旅行記

フィンランドの夜行列車しゅっぱーつ

ずいぶん間が開いてしまいましたが、
北欧旅行記を再開します!
えーとどこまで進んだかというと。。。

フィンランド・ヘルシンキ中央駅から
夜行列車に乗り込んだところが前回まで。
北極圏を越えたロヴァニエミ行きの夜行列車、
いよいよ発車です!

b0021766_713418.jpg


大きな西洋人はすれ違うの大変だろうな~、と思う細い廊下。

b0021766_72426.jpg






                 お部屋は洗面所付き。

このあたりは、アジアで乗ったマレー鉄道や
イタリアへ向かった時の夜行列車と同じレイアウト。
今回違うのは3人一部屋、3段ベッドというところ!
b0021766_792353.jpg
              一番上は結構高さがあります。。。


誰がどこに寝るか・・・。ここは公平にジャンケンで(笑)。
高所恐怖症の私は「一番上になったらどうしよう・・・」と
かなりドキドキでしたが、どうにか勝って一番下のベッドをゲット~!
したのでした。
b0021766_712968.jpg
           ホッと一安心。一番下のベッドで黄昏中・・・??


b0021766_7154663.jpg




シーツやタオルはここの列車(VR)のオリジナル。ここかしこにVRマークが付いていました(ピンボケ写真ですが。。。)なにげに芸が細かーい!


[PR]

by mo0621 | 2008-03-13 23:53 | ‘07北欧・ラップランド旅行記

Day8 お別れディナー

楽しい時間はあっという間に過ぎ、とうとう明日は帰国の日。
お別れディナーに、お蕎麦を茹でました。
と言うのも、大晦日に年越しソバを食べ損ね、
日本ツウの友人より「蕎麦が食べたい!」
とリクエストが出たので(笑)

b0021766_21353272.jpg





しかし、友人姉がスパゲティを作ってくれたのを知らずに蕎麦を茹で、東西の麺が食卓で思いっきりバッティング。。。

手前が蕎麦で、奥がナポリタン。

友人宅に蕎麦はあったのですが、
ツユがないことに、今さらながら気が付きました(汗)
うーん、どうするか!?醤油はあるけどダシはないし・・・。
結局友人のアイデアで、即席味噌汁につけて食べることに(笑)

友人姉は蕎麦を食べるのが初めて。
「美味しい~」と、味噌汁と共に食べてくれましたが、
本当は味噌汁につけて食べるモンじゃあ、ないんですよ~っ!


**********
不幸があって1ヶ月も経っていなかったこの時期。
いつも明るい友人家族も、やはり暗い影があるのは否めませんでした。
そんな辛い中でも、快く私を受け入れてくれた家族たち。
帰り際には「養子にするからここに残って!」と
申し出を受けるほど(笑)

「moが来てくれて良かった。次に会うまでには元気になるからね」

最後にこう言ってくれた友人姉。
思い切って訪れて、本当に良かったな。        
b0021766_2219253.jpg
          私のアメリカの家族。今度はいつ会えるかなー・・・??

またもや成長を見て・・・
[PR]

by mo0621 | 2008-03-09 22:10 | ’07Xmas in US